【基盤教育研究分科会(HRDM)】-powerd by chiegumi.jp

開催情報

2010/11/27 自由記述式研修評価アンケートの正しい設計方法と実施手順セミナ

活動レポートはありません。

開催情報

開催日時 2010年11月27日(土)10:00~18:00
会場 明治大学 駿河台校舎 紫紺館 3階 S2会議室
千代田区神田小川町3-22 明治大学 紫紺館
地図
参加費 会員/¥15,000(税込)  非会員/¥33,000(税込)
内容

研修を正しく評価し、改善に活かすための、「自由記述式研修評価アンケート」の正しい設計方法と実施手順を理解します。

<セミナー概要>
本セミナーは、研修の効果測定で頻繁に活用される自由記述式アンケートの正しい調査分析の基本的な考え方を1日で理解するための講座です。
教育効果測定とは何かといった基本講義を踏まえた後、自由記述型アンケートの分析演習を行います。この分析結果を題材として、分析結果がバラツク原因を検討します。その後バラツキ原因の是正策についてグループワーク演習を繰り返し行い、考え方や測定領域の設定方法、質問文の作成方法、解釈基準の設定方法を学んでいただきます。本講座は、研修の形成的評価を行うための自由記述式アンケートを正しく設計するための「アンケート定義書」を作成するための基礎知識の獲得を目指しています。

<学習内容>
1.教育効果測定の基本と調査手法の概要
・教育効果とは何か
・教育効果のレベル(D,カークパトリックのレベル4フレームワーク)
・教育効果測定の実施目的
・代表的な8つの調査手法(アンケート、インタビュー、行動観察、理解度テストなど)
2.アンケート分析結果のバラツキの原因
・データを正確に収集する
・データを正しく解釈する
3.アンケート調査の実施ステップ
・「計画」-「準備と実施」-「集計と解釈」-「報告と活用」
4.アンケートの実施目的の明確化
・アンケート調査の実施目的の他社事例
・調査の構成要素を決定(測定領域、測定手法、測定の情報源、分析方法など)
5.有効なデータを収集するために
・形成的評価のためのアンケート定義書の構造紹介
・構成概念の定義化(データ収集領域の整理)
6.わかりやすい質問文の作成ポイント
7.解釈基準の整理
8.その他留意事項と質疑応答