【基盤教育研究分科会(HRDM)】-powerd by chiegumi.jp

開催情報

2010/11/12 ビジネス質的調査入門セミナー

活動レポートはありません。

開催情報

開催日時 2010年11月12日(金)10:00~18:00
会場 明治大学 駿河台校舎 紫紺館 3階 S2会議室
千代田区神田小川町3-22 明治大学 紫紺館
地図
参加費 会員/¥15,000(税込)  非会員/¥33,000(税込)
内容

インタビューやエスノグラフィーに代表される「質的データ分析法」をビジネスシーンで活用するための方法とテクニックを理解する。

<セミナー概要>
数値を統計手法によって分析していく量的調査と異なり、質的調査は言葉や行動を分析していきます。そのため、質的調査は、ある種の職人芸といった感覚を抱きやすくなります。
本セミナーでは、質的調査法の原則と構造化されたワークシートも用いることで職人芸に陥りやすい質的調査の弱点を克服します。具体的には、事例によって質的調査の原則を理解し、構造化されたワークシートを活用したデータ分析演習を行い、実践力を高めていきます。

<学習内容>
1)ビジネス質的調査の原則
第一部では、まず、質的調査の概要を説明します。そもそも質的調査とは何か。質的調査と量的調査との相違点は何か。その長所と短所は何か。質的調査の基本情報を概説し、有名な調査事例を紹介することで、質的調査に関する具体的なイメージを高めていただきます。
次に、質的調査の原則を説明します。ビジネスシーンで実施するための調査原則を、講師が過去に実施した調査事例を用いて解説していきます。

2)データを質的に分析する方法
第二部では、最初に、データの分析方法を説明します。質的調査では、一般的に膨大な量のデータが手に入ります。それらのデータを効率よく分析するにはどうすればよいか。テキスト化、カテゴリー化、要因分析などの分析テクニックを演習によって理解していきます。
また、分析者個々人のバイアス(思考の癖)を、お互いの分析結果を比較することで気付いていただきます。

3)質的調査を設計する方法
質的調査の成否は設計のクオリティで決まります。第三部では、調査設計の手順を理解します。受講者は、自分自身が興味を持つ調査テーマを題材に、講師が調査経験を通じて開発したワークシートを用いて調査設計を行います。そして、受講者同士で各ステップの成果を共有し、相互助言し合い、調査計画をブラッシュアップしていきます。

=スケジュール=
10:00~12:00:ビジネス質的調査の原則
12:00~13:00:昼食休憩
13:00~14:50:データを質的に分析する方法
15:00~18.00:質的調査を設計する方法